2010年6月24日 木曜日

心癒される下サロベツ原生花園

dsc_0323.jpgdsc_0312.jpgdsc_0311.jpgdsc_0310.jpg 

サロベツ原生花園は有名ですが、

こちらの下サロベツ原生花園は団体のお客様も来ることなくとても静かな隠れスポットです。

今はカキツバタやエゾカンゾウ、ツルコケモモ、珍しいモウセンゴケなどの原生花を見ることが出来ます。

また、アカエリカイツブリやキマツユメナガセキレイなどの野鳥をすぐそばに見ることが出来るので

バードウォッチングに最適な場所です。木道を進めば、天塩のシジミで有名なパンケ沼まで行くことが出来ます。

お時間のある方、静かに旅行を楽しみたい方は是非行って見て下さい。

きっと心が癒される事まじかいありません。  

2010年6月22日 火曜日

道北は今花まっさかり!!

dsc_0302.jpgdsc_0301.jpg

稚内西海岸からサロベツにかけての海岸沿いは今道北を代表する花である

エソカンゾウ(ニッコウキスゲ)やエゾスカシユリなどの花々が咲き誇っています。

今一番の花の見ごろを迎えています。

また、ラムサール条約登録湿地のサロベツ原野もエゾカンゾウが咲き始めました。

こちらの見ごろはもう少し後かもしれません。

今あるビジターセンターが今シーズンで閉鎖になり、近くの新しい場所に移動

になります。今後、今ある木道がどのようになるのか心配です。 

 

2010年6月16日 水曜日

遅咲きのライラック

100616_1254491.jpg

当ホテルのタクシー乗り場の所にはオープン当初からライラックの花が植えられています。

あまりにヒッソリと咲いている為か、稚内では珍しいのか良くお客様にこの花は何と聞かれます。

写真の後には北海道遺産の北防波堤ドームが見えています。

日本料理雲海の庭にはエゾカンゾウが毎年綺麗に咲きますが

まだ小さなツボミのままでもうしばらく開花には時間がかかりそうです。 

 

2010年6月9日 水曜日

サロベツ原野付近の牧草地帯

dsc_0292.jpg

ホテルから車で約1時間

ラムサール条約登録湿地のサロベツ原野付近の牧草地帯ではでは今たんぽぽが牧草を埋め尽くしています。

またサロベツビジターセンターでは小さく目だたないが美しい原生花が見ごろを向えています。

薄く青いのが「タテヤマリンドウ」また小さなヒメシャクナゲが満開です。

dsc_0290.jpgdsc_0287.jpgdsc_0285.jpg

ショウジョウバカマはとても濃い紫でよそでは見られない美しさです。

また後、約2週間程で一面エゾカンゾウの黄色で染まり短い夏を向えます。道北は今花真っ盛りです。